ヨガをブログで収益化する方法 アフィリエイトで稼ぐ

affiliate
男性
男性

ヨガを趣味でやっている人って多いけど、ヨガをブログで紹介して、稼ぐ方法はあるのかな?
ヨガをブログで収益化するにはどうすればいいんだろう?
ヨガのインストラクターにはなれないと思うけど、趣味のヨガでお金を稼いでみたいな。

こんな方に向けて、ヨガをブログで収益化する方法について解説します。

ヨガのブログで収益化する方法は?

ヨガのブログで収益化する方法は?

ヨガをブログで紹介して、収益化する方法はいくつかあります。
代表的なものや取り組みやすいものを紹介します。

  • ヨガのポーズ解説記事
  • ヨガウェアやヨガマットなどのアイテムを紹介・レビュー
  • ヨガスタジオのASP案件を紹介・レビュー

などです。

ヨガのポーズ解説記事

ヨガには様々なポーズがあるのですが、

  • 猫のポーズ
  • ハトのポーズ
  • ダウンドック

など。
これらのポーズを一つずつ解説していく記事を書いていきます。

例えば

  • ポーズの起源
  • ポーズをとる際のポイント
  • 難しいと感じるポイントはどこか

など。
実際にヨガ教室やヨガスタジオに通っているのであれば、プロのインストラクターがポーズをする前に解説がありますね。
それらを閲覧者にわかりやすく、文章にしていくことで記事を書いていきます。

ヨガウェアやヨガマットなどのアイテムを紹介・レビュー

ヨガウェアやヨガマットなどのアイテムを紹介・レビュー

あなたが実際にヨガ教室やヨガスタジオに通っているのでしたら、自分が使っているヨガのグッズの紹介記事を書いていきます。

  • ヨガウェア
  • ヨガマット
  • タオル
  • ヨガの時に飲むドリンクのボトル

など。
ヨガをしていて、あると便利なものを紹介します。

スポーツ用品のメーカーのWEBページにもヨガのカテゴリーを用意しているメーカーも増えました。
ウェアなどは、メーカー毎の着心地とか価格比較、着心地など、メーカーのWEBページではわからないような細かい部分を解説してあげると、ヨガウェアに興味のある閲覧者にとってとてもありがたい記事になります。

ヨガの必須アイテムともいえるヨガマットも紹介してあげるのもいいでしょう。
普段、レッスンに使っているものや持ち運びしやすいもの、家で使いやすいものなど、マットによっていろいろ特徴があります。

実際に自分が使っている商品をレビューするのが一番いいですが、使っていなくても商品の特徴をわかりやすく紹介すれば喜ばれる記事になります。

商品の比較記事も喜ばれます。メーカーのページでは他社商品との比較はできないので、ユーザー目線での記事が貴重な情報となるでしょう。

他にもヨガをする時に使っていて便利なもの(ドリンクボトル、タオル、ヘアバンド、スポーツブラなど)のレビューもいいですね。

ヨガスタジオのASP案件を紹介・レビュー

ヨガスタジオのASP案件を紹介・レビュー

ヨガスタジオの中にはアフィリエイト広告を出稿しているところがあります。

  • ホットヨガLAVA
  • ヨガスタジオOlulu-オルル-

(上記のほかにアフィリエイト広告を出稿しているヨガ教室はコチラで紹介しています。)
など、ブログ記事にアフィリエイトリンクを貼っておき、閲覧者がそのリンクをクリックしてヨガ教室のページに移動して、体験レッスンを申し込んだり、入会すると報酬を受け取れます。

あなたが上記のようなアフィリエイト広告を出稿しているヨガ教室に通っていたなら、教室の紹介をして、アフィリエイトリンクを貼っておくのが良いでしょう。

ヨガ教室に通っていない人は、一度でも体験レッスンを受けてみて、「体験レッスンを受講してきた感想」などを記事にすることで、記事が書けます。

閲覧者がその記事を読んで「いい」と思って、体験レッスンに申し込んだり、入会したらあなたにアフィリエイト報酬が支払われます。

自分のヨガブログに集客して収益化までの流れ

自分のヨガブログに集客して収益化までの流れ

あなたのヨガブログに、

  • ヨガをやっている人
  • 今からヨガをやりたい人
  • ヨガを始めようか迷っている人
  • ヨガに興味があるけどいまだ何もしていない人

のような閲覧者が集まる様にブログの記事を書いていきます。
ヨガの潜在人口は1600万人いるらしいので、ヨガに関心がある人はもっといるはずです。

ヨガに関心がある人はどんなことを考えているかピックアップしてみましょう。
そして、その悩みを解決する内容を記事にしていきましょう。

  • 〇〇のポーズが上手くできない
  • ヨガ教室に興味があるけど、通えるか心配
  • ヨガってお洒落な人しか通ってなさそうで、自分が向いているか心配

などなど、悩み系の内容をピックアップしていきます。

あなたがヨガを始めるときに不安に思っていたことや、悩んでいたことを記事にしてみるのもいいでしょう。

それらの悩みに関するキーワードを導き出して記事にすることで、ヨガに関心のある人をブログに集客していきます。

そして集客した閲覧者に

  • ヨガウェア
  • ヨガマット

などのアイテムや

  • ヨガスタジオ
  • ヨガに関する本

など、悩みを解決できる商品や方法を紹介していくことで収益化を図っていきます。

ヨガをする人はどんな人か?

ヨガをする人はどんな人か?

ヨガ教室に通う人はどんな人なのかを考えてみます。

  • ダイエットをしたい(痩せたい)人
  • 体型維持をしたい人
  • 運動不足を解消したい人

いろんな人がいると思います。
その人によってヨガに取り組むモチベーションも違うと思います。

そんな「ヨガ教室に通う人」の目的に沿った内容を記事にしていくのが大切です。

「ダイエットをしたい人」と「運動不足を解消したい人」では、アプローチの仕方が変わってきます。
ヨガ教室に通う人には、「美容や健康にこだわりたい人」が多いです。
いろいろなパターンの人が考えられます。

ヨガ教室に通う人が、どんなことを考えているか?、どんなことを知りたいか?、を考えるようにします。

ヨガに関心がある人の状況を考慮しターゲットを絞る

ヨガに関心がある人の状況を考慮しターゲットを絞る

あなたのヨガブログを読んでくれる人は、どんな人なのか考えてターゲットを絞り込んでいくことも大切です。

  • 主婦なので家事の空いた時間にヨガをしたい
  • 独身の会社員なので仕事終わりにヨガ教室に通いたい
  • 太ってきたので運動不足解消とダイエットをしたい

など。
その人の状況によって、ヨガへの取り組み方は変わってきます。

主婦が記事を読んでいるのに、内容が会社員向けではミスマッチになってしまいます。
あなたが記事を読んでもらいたい人は、どんな人物なのか具体的にイメージしてみましょう。

SNSと連携して集客&収益をめざす

SNSと連携して集客&収益をめざす

集客や収益を伸ばすためにツイッターやインスタグラム、YoutubeなどのSNSを活用していきましょう。SNSを活用することで、よりターゲットに近い閲覧者にアプローチすることが可能です。

  • Twitter
  • Youtube
  • インスタグラム

の活用法を紹介します。

Twitterでヨガが趣味の人と繋がる

Twitterは、趣味・趣向が似たような人とつながりやすいという特性があります。その特徴を活かして、Twitterを大いに活用しましょう。

  • ヨガ教室に通っている人
  • ヨガに興味のある人
  • ヨガを始めたいと思っている人
  • ヨガに関する情報を集めている人
  • ヨガ仲間を増やしたい人

など、いろんな人がツイッターに集まっています。

その人に向けて積極的にいいね!やリプ、フォローなどをして絡んで仲良くなっておきましょう。

「つぶやき」する内容は、ヨガに関することに限定して発信するのがベストです。

「ヨガ関連の情報発信しているアカウント」として認知してもらいましょう。

YouTubeで自身のヨガ体験を発信

パソコンや映像編集などが得意なら、Youtubeで自身のヨガ体験を発信していきましょう。
YouTubeはいまや誰でも情報発信する時代です。

視覚から入る情報はがわかりやすく、理解しやすいのが特徴です。映像で情報発信できると強みになります。

  • ポーズの解説
  • ポーズの由来の解説
  • 便利アイテム紹介

などを映像化して発信してみましょう。

ヨガを始めたばかりの人であれば、上達過程をアップしていくのでベターです。

YouTubeは、顔出しが気になりますが、首から下だけを移している人も多いです。
顔出し無しでも大丈夫です。

Instagramでヨガウェアなど発信

インスタグラムは写真で情報を発信できるので、ヨガライフの日常を発信していくといいでしょう。
お気に入りのヨガウェアや便利アイテムなど、写真で表現できるものをアップしていきましょう。

まとめ

まとめ

ヨガをブログで収益化する方法 アフィリエイトで稼ぐを紹介しました。
ヨガのアフィリエイトで稼ぐ方法は、コチラでさらに詳しく解説しています。ご覧ください。

ブログの基本である「キーワード選定」や「ライティング」なども重要になってきます。

記事を書きながら、どんなキーワードがあるのか、どんなライティングが効果的などを考えながらブログを成長させていきましょう。アフィリエイトでたくさん稼いで、みんなでしあわせになることをめざしましょう。

タイトルとURLをコピーしました